SEO対策・上位表示に重要なタイトルとメタディスクリプションの設定

検索エンジンの上位表示(SEO対策)

seo対策について考えるうえで「タイトルタグ」と
「メタディスクリプション(description)」はとても重要です。
タイトルは標題のようなものになりますし、メタディスクリプションとあわせて
見たときに「読んでみたいな」と思わせられるかどうかも決まります。seo対策にとって
タイトルとメタディスクリプションの意味や設定の方法について紹介します。

seo対策にとってタイトルタグとは

google検索

タイトルタグは、サイトにおけるページタイトルの部分になります。
サイトの内容を表示させ、検索エンジンに最も重要な部分を認識してもらうための役割を担っています。
タイトルを変更しただけで、アクセス数が増え順位が大幅にアップしたなどの話を聞くこともあります。
タイトルをつけるときにいくつか重要なポイントがあるので紹介します。

検索されたいキーワードを含める

タイトルに検索されたいキーワードを含めるのはseo対策の基本です。
タイトルのなかにキーワードが入っていないと、記事の内容がわかりにくいものになります。
できるだけ自然に盛り込みすぎないタイトルになるようにします。
あまりにキーワードが多くなると、どんな記事なのかわかりにくくなってしまいます。
重要なキーワードはタイトルの先頭に持ってくると、よりユーザーの目にも検索エンジンにも
気付いてもらいやすくなります。
人間の視線が横向きにかかれた文章の場合、全体の左側に意識が集中する傾向があるようです。

タイトルタグの文字数

タイトルの文字数は32文字~35文字前後がベストだと言われています。
あまりに長いタイトルになると、検索結果で表示したときにほとんどが見られなくなってしまい
どんな内容のコンテンツなのか判断できません。
どんな記事かわからなくなってしまうと、クリックせずに別の記事に移ってしまいます。
文字数が長すぎても、伝えたい意図がわかりにくく簡潔にいかに短いタイトルのなかで
内容を理解してもらえるのかを考えるようにしましょう。
ただし、あまりに短すぎることのないように注意してください。

クリックしたくなるワードを含める

タイトルを決めるときに、思わずクリックしたくなるような「パワーワード」についても
意識するのをおすすめします。
例えば、数字をあえてタイトルに入れることでより具体性やリアルな数字を伝えることもできます。
例えば「5分でわかる」と入っていると、短時間でわかるなら読んでみようかな…という気持ちにもなります。

また、上手にポジティな内容の「簡単」「はじめての」などのキーワードを入れるのもいいですし
逆に「知らないとやばい」などのネガティブワードを入れることで、目を止める方法もあります。

seo対策のメタディスクリプションとは

メタディスクリプション

タイトル以上に重要になるのが、メタディスクリプションの存在です。
記事の内容を100文字~120文字程度のテキストで表現したものになり
「概要」といえばわかりやすいかもしれません。

Googleの検索結果を見てもメタディスクリプションは表示されており
検索した内容と一致しているのかどうかを判断するときに使います。
メタディスクリプションはワードプレスなど自動で生成してくれるプラグインもあれば
手動で決めるものもあります。
クリック率を高めるためにもメタディスクリプションは重要な存在です。

内容はページごとに変える

メタディスクリプションの内容が、すべてのページで統一されている
サイトを見かけることもあります。
制作している途中でこれから変えるのであれば問題ないのですが
ページごとに個別のメタディスクリプションを設定しているほうがイメージも良くなります。

メタディスクリプションの設定をしたあとに、正しく検索結果に表示されているのか
また正しい場所に設置してあるのかを確認するようにします。
ページの内容をまとめた概要的な役割を示しているのがメタディスクリプションになりますので
ページごとに変えます。

キーワードは適度な量に

メタディスクリプションのなかに無理にキーワードを入れ込もうとしてしまう人もいます。
あまり見た目の印象もいいものではありません。
逆に順位を下げる原因になってしまうことも考えられます。
キーワードもしくは共起語などを使い、適切な量で取り入れるようにします。

大切なことはコンテンツのなかにキーワードも含め、ほしい情報が含まれているのかどうかになります。
ただ、タイトルやメタディスクリプションだけにこだわっても、コンテンツの質が低ければ話になりません。

まとめ

eo対策で上位表示させるうえで気をつけたい、タイトルとメタディスクリプションについて紹介しました。
タイトルにしても付け方一つで印象が全く変わります。思わず「今すぐこのコンテンツを読んでみたい」と
思わせるようなタイトルがつけられるかどうかによっても、集客の結果に違いが出てくるのです。

seo対策を意識するうえでタイトル、メタディスクリプションの両方を見直すのはもちろん
それにみあったコンテンツになるようにしていきましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧